北九州市門司区めかり公園にある門司城跡

門司区めかり公園にある門司城跡に行ってみた

めかり公園展望台も夜のドライブコースで夜景スポットなのでたまに来てたのですが

山頂の門司城跡には久しぶり2度目の訪問です。

 

門司

写真の古城山頂上に向います。

 

和布刈公園

瀬戸内海国立公園 和布刈公園入口。

 

和布刈公園

和布刈公園展望台へ行く途中の関門橋の眺め。

 

和布刈公園

門司港あたりの眺め。向こうに見えるひときわ高い山は風師山でしょうか。

 

門司城跡

和布刈公園展望台をちょっと過ぎるとこんな看板が見えてきます。徒歩10分楽勝コースですね。

 

門司城跡

こんな感じで整備された道路を登っていきます。源平の時代に平知盛が紀井通資に命じて築いたそうです。

その後藤原親房が入場し門司氏を名乗るようになります。また南北朝時代には同族内で北朝と南朝にわかれ争った歴史もあります。その後は大内氏、大友氏、毛利氏、細川氏ともう何がなんだかの状態ですね。江戸時代に入り細川忠興が修復したそうですが、一国一城令の際に廃城となります。

その後は大日本帝国陸軍の下関要塞に組み込まれ関門海峡や周辺上空の防備にあたる役割を担って終戦を迎えます。

 

石碑

途中にある石碑。石碑には門司城の歴史が廃城になるまで書かれてあります。

 

門司城跡

途中山ノ神の祠があります。

 

倉庫跡

戦時中の倉庫跡。上はこんもりした古墳のような感じになっていました。

 

倉庫跡

倉庫跡。現在は立入禁止となっています。中はレンガ積みで奥行き3,4メートルほどの狭い倉庫らしいです。

 

倉庫

倉庫のまわりは一周することができます。

 

倉庫

当時はグルッと見渡せたのでしょうね。

 

砲台跡

倉庫のあるとこからちょっと登ると頂上です。

 

門司城跡

門司城跡碑。

 

砲台跡

砲台跡でいいのかな?観測所跡という説もあるけど。。

 

遺構

倉庫のほうへ降りる階段があります。

 

遺構

ちょっと降りたところから振り返ると、当時の日本軍兵士があわただしく行き来していた光景が目に浮かぶようです。

 

遺構

途中無線中継所がありますが降りてくると倉庫前に出ます。こちらの階段が主に使われていたのかな?

と、戦時中の遺構ばかり気になって頂上からの景色を撮り忘れたので退散します!そんな門司城跡巡りでした。。

門司城跡場所は↓

門司城址も掲載↓