ヤマトタケルにゆかりのある遠賀郡水巻町八剱神社のイチョウの木

遠賀川土手沿いの水巻町立屋敷付近にあるイチョウの木

遠賀川沿い水巻町側を走っているとイチョウの木が2本あります。

なじみの風景ですのでなんでここにあるの?くらいは思ってましたが、もとは左側にある八剱神社の境内にあったものだったのですね。知らなかった。

 

イチョウ

土手沿いの道路に2本あります。地元の人は見慣れた光景ですが、初めてここを通ったらうん?ってなりますよねたぶん。夫婦銀杏樹というそうです。

で、この夫婦銀杏樹に関連する八剱神社に行ってみました。日本武尊(やまとたけるのみこと)が砧姫命(きぬたひめのみこと)とここ立屋敷で結ばれた証としてお手植えしたと伝わる大銀杏があります。

 

八剱神社

遠賀川の土手側から行くとこんな感じです。

 

鳥居

鳥居があり左手に大銀杏が見えます。

 

八剱神社

せっかくなのでこちら側からも。きれいにされてありますね。

 

境内

境内の様子。

 

由緒

八剱神社由緒が書いてあります。 主祭神 日本武尊 砧姫命となっています。

尊が崩御された時に仮宮跡に社祠を築き御館大明神として祭り、その後八剱神社と改称したそうです。

 

大銀杏

いやあ近くで見るとますます大きいですね。昔からの言い伝えでイチョウの木には気根と呼ばれる大きなこぶがあり、皮を煎じた汁を飲むと母乳の出が良くなるといわれ母娘連れの参拝者も多いようです。

 

気根

これが大銀杏の気根ですが、ちょっとあれな感じがします。そもそも気根という言葉を初めて聞いたような気がする私ですが、植物の根は本来地中に伸長する器官らしいですが、このように大気中に出て呼吸を助けるものもあるのですね。初めて知りましたw

なんといったらよいのでしょうか、生命の力強さを感じずにはいられません。。

 

社殿

参拝させていただきます。社宝は山鹿秀遠が奉納した木造の狛犬と随神像で水巻町歴史資料館に展示されてあります。

 

本殿

本殿。

 

境内

きれいにされてありますね~

生命の力強さを感じずにはいられない大銀杏の気根は必見!日本武尊お手植えの大銀杏がある水巻町八剱神社でした!

八剱神社↓