若松区の高塔山中腹にある戦没者を慰霊する場所

軍艦防波堤をきっかけにたどりついた場所

おそらく軍艦防波堤のことに興味を持たなかったら知ることさえできなかったかも。

高塔山は夜景が奇麗なことで有名ですし、若い頃はたまにドライブに来てましたが。。

ということで軍艦防波堤三隻のための慰霊碑がある場所へ。

高塔山入り口

高塔山公園入り口。まっすぐ上がります、現在は坂の途中あたりで道路の拡張工事が行われていました。

 

忠霊塔看板

見えにくいですがこの忠霊塔→の看板があるところを右に下っていきます。

 

慰霊碑へ

さきほどの看板から右に下りていくとこんな感じの道になります。

 

慰霊碑へ

ちょっと進むと別れ道があるので右に進みます。

 

慰霊碑へ

またちょっと進むとこんな場所に来ます。車が止まってるところが駐車場で、正面に五重塔と白い若松市忠霊塔が見えます。

 

広場

広場のようになってます。軍艦防波堤三隻の慰霊碑は奥のほうにあります。

 

忠霊塔と五重塔

若松市忠霊塔と五重塔。若松市忠霊塔は若松市(当時)出身の戦没者の方々のために建設されたそうです。

 

%e8%8b%a5%e6%9d%be%e6%b4%9e%e6%b5%b7%e6%b9%be-002

さらに歩道を奥に進むと慰霊碑が見えてきます。

 

慰霊碑

こちらが軍艦防波堤三隻の慰霊碑です。

 

柳双繋柱

駆逐艦 柳 双繋柱。

 

若松忠霊塔とても静かな雰囲気の空間でしたが、高塔山中腹にこういう場所があったのですね。

関連記事→『北九州市若松区にある戦艦大和と共に沖縄へ向かった涼月・冬月が眠る軍艦防波堤で駆逐艦・柳を見てきた