阿蘇神社|熊本県阿蘇市一の宮町|復旧へ向けて一歩一歩着実に

阿蘇地方の復興の象徴を目指す阿蘇神社

つい先日ニュースにおいて震災で倒壊した阿蘇神社の重要文化財である楼門の復旧の様子が報道関係に公開されて話題になっていました。現在は解体作業中で1年ほど時間を要し、神殿の損壊などと共に約7年ほどを目安に復旧工事が行われるそうです。元々使われていた部材での復旧となるため工事関係者・職人さんも大変な作業となりそうですが頑張ってください。

その阿蘇神社を今年1月頃に参拝した時の様子をお伝えしたいと思います。

阿蘇神社へ参拝に訪れるの初めてです。肥後国一宮 別表神社だけであってさすがに歴史も古いですね。社史によると孝霊天皇9年(紀元前282年)創建約2300年だそうです。凄いな 阿蘇山を祖山とするそうで独特な空気感がありますね。

主祭神 健磐龍命(一の宮 神武天皇の孫神) 阿蘇都比咩命(二の宮 一の宮御妃神) 国造速瓶玉命 (阿蘇初代の国造)※阿蘇神社サイトより

阿蘇の国造りを任された国造速瓶玉命が両親(健磐龍命・阿蘇都比咩命)を祀ったのが起源だそうです。

 

阿蘇神社

阿蘇神社鳥居です。Wikiによると全国的にも珍しい横参道になっていて南側は阿蘇の火口を北側には国造神社が位置しているそうです。

 

阿蘇神社

肥後一ノ宮 阿蘇神社の標柱。

 

阿蘇神社

境内の様子。

 

阿蘇神社

現在楼門のある場所はこのように工事の足場が組まれシートで覆われてあります。境内側から

 

阿蘇神社

こちらは表側の神幸門のあたりから見た楼門付近。

 

阿蘇神社

神殿です。左から一の神殿・中の奥が三の神殿・右が二の神殿。

 

阿蘇神社

拝殿のあった場所は現在このような感じですが、さすがに基礎がしっかりしてますね。復旧が待たれます。

 

阿蘇神社

境内にあった石碑にはしっかりと教育勅語が刻まれてありましたよ。左はせのび石。

 

阿蘇神社

パワースポットのひとつ願かけ石です。往時(約2千年前)の霊場の岩石の一部だそうできてますね~ 願いを念じ三度撫でながら繰り返すと御利益があるそうです。

 

阿蘇神社

高砂の松で、縁結びの御利益があるそうです。

 

阿蘇神社

神の泉で不老長寿の御利益があります。ここ阿蘇神社がある一の宮町は周辺のいたるところで地下水が噴出する場所があり清泉の町といわれているそうです。知らなかったな~で、ここ神域にある泉は古来より重宝され飲用されてきたそうです。効きそうな感じがしましたよ!

 

阿蘇神社

横参道の南北にはそれぞれ守社があり門番の神として豊磐門戸神・櫛磐門戸神が祀られています。

 

阿蘇神社

こちらは第一神陵の神杉。こちらもパワー感じましたね~

 

阿蘇神社

力をあわせて阿蘇神社の再建を!!がんばるばい阿蘇の文字が印象的でした。

前年の震災で楼門や拝殿など崩壊しましたが、さすがに肥後国一宮という風格というか古来より続く由緒を感じました。時代をさかのぼれば幾多の災難があったことでしょうが、その度に先人達も復旧させてきたのだと思います。阿蘇神社の震災復旧陰ながらですが応援しています。

皆さんもお近くに行かれた際にはぜひ立ち寄ってみて下さいね。

 

阿蘇神社

帰り際に撮った雄大な阿蘇山。

 

阿蘇神社→グーグルマップ

阿蘇神社WEBサイト→こちら