教育勅語

教育勅語

教育勅語(きょういくちょくご)、正式には教育二関スル勅語。

明治天皇が山縣有朋内閣総理大臣と芳川顕正文部大臣に対し、教育に関して与えた勅語で日本国民の道徳教育の規範となります。明治23年(1890年)10月30日に発布されました。

宝である日本の臣民が生きていく上での根底を形成することが出来るように説いた明治天皇の想いが込められている、そういう風に私は感じます。

教育勅語全文こちら

教育ニ関スル勅語(読み下し文)

朕(ちん)惟(おも)フニ、我ガ皇祖(こうそ)皇宗(こうそう)、國ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ、徳ヲ樹(た)ツルコト深厚(しんこう)ナリ。
我ガ臣民(しんみん)、克(よ)ク忠ニ克(よ)ク孝ニ、億兆(おくちょう)心ヲ一(いつ)ニシテ、世々(よよ)厥(そ)ノ美ヲ済(な)セルハ、此(こ)レ我ガ國体ノ精華(せいか)ニシテ、教育ノ淵源(えんげん)、亦(また)実ニ此(ここ)ニ存ス。
爾(なんじ)臣民、父母ニ孝(こう)ニ、兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ、夫婦相和(あいわ)シ、朋友(ほうゆう)相信ジ、恭倹(きょうけん)己(おの)レヲ持(じ)シ、博愛衆(しゅう)ニ及ボシ、学ヲ修メ、業(ぎょう)ヲ習ヒ、以テ智能ヲ啓発シ、徳器(とっき)ヲ成就(じょうじゅ)シ、進ンデ公益(こうえき)ヲ広メ、世務(せいむ)ヲ開キ、常ニ國憲ヲ重(おもん)ジ、國法ニ遵(したが)ヒ、一旦緩急(かんきゅう)アレバ、義勇公(こう)ニ奉(ほう)ジ、以テ天壌(てんじょう)無窮(むきゅう)ノ皇運ヲ扶翼(ふよく)スベシ。
是(かく)ノ如(ごと)キハ、独(ひと)リ朕ガ忠良(ちゅうりょう)ノ臣民タルノミナラズ、又以テ爾(なんじ)祖先ノ遺風(いふう)ヲ顕彰(けんしょう)スルニ足ラン。
斯(こ)ノ道ハ、実ニ我ガ皇祖皇宗ノ遺訓(いくん)ニシテ、子孫臣民ノ倶(とも)ニ遵守(じゅんしゅ)スベキ所、之(これ)ヲ古今ニ通ジテ謬(あやま)ラズ、之(これ)ヲ中外(ちゅうがい)ニ施(ほどこ)シテ悖(もと)ラズ。
朕、爾臣民ト倶ニ拳々(けんけん)服膺(ふくよう)シテ咸(みな)其(その)徳(とく)ヲ一(いつ)ニセンコトヲ庶幾(こいねが)フ。

明治二十三年十月三十日
御名 御璽(ぎょめい ぎょじ)

教育勅語 12の徳目(現代語訳)

1、親に孝養を尽くしましょう
2、兄弟・姉妹は仲良くしましょう
3、夫婦は互いに分を守り仲睦まじくしましょう
4、友だちはお互いに信じ合いましょう
5、自分の言動を慎みましょう
6、広く全ての人に慈愛の手を差し伸べましょう
7、勉学に励み職業を身につけましょう
8、知識を養い才能を伸ばしましょう
9、人格の向上に努めましょう
10、広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
11、法令を守り国の秩序に遵いましょう
12、国に危機が迫ったなら国のため力を尽くし、それにより永遠の皇国を支えましょう

良いものは年月が経過しても色あせないですね。

ところが教育勅語は現代人の私達には馴染の薄い感じになってしまっています。それは終戦後の昭和23年(1948年)にGHQの占領政策WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)の一環として国会決議により廃止されてしまった為です。

WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)とは戦勝国によるいわゆる洗脳工作です。戦後、日本が悪かった、日本人が悪かったという間違った自虐史観を日本人に刷り込み日本を弱体化させ当時のGHQにとって統治しやすくするのが目的です。

武力的実効支配ではなく、内面的日本の秩序破壊・永久的支配する為とでも言いましょうか。当時は日本人同士を分断する為に一方的に悪者に仕立て上げられた軍関係者・軍国主義VS国民という構図を戦後日本に形成します。またGHQは戦後金や権力に魂を売った日本人や朝鮮人(現在で言う在日韓国・朝鮮人)を工作に利用し政治やマスコミ等の中枢機関に配します。そういった工作は戦後、政界・官界・財界・法曹・教育・放送・出版などなどあらゆる機関に入り込みまた団体など設立し、その流れは戦後70年過ぎた今現在もいやらしいほどに反日行為として継続され日本の国益を損なっています。日本という国を蝕んでいます。

大東亜戦争時、日本は連合国との間で侵略・植民地支配から国を守るために国民一丸となって必死で戦いました。同時に欧米各国の植民地支配下であったアジアの国々とも共に戦い、後のアジア各国独立につながるきっかけを作りました。

決して日本の侵略戦争でなく、国を守るための自衛戦争だったのですね。大東亜を侵略するというバカげた戦いではなく、各々植民地奴隷支配から独立し共に欧米列強と戦い自国を取り戻しましょう!という戦いだったのです。(アジア解放)これは後にマッカーサーも証言していますが日本は自衛の為に戦った、紛れもない事実なのです。当時の日本は悪くなかったのです。

結果的に敗戦してしまいますが、そんな強い日本人の精神的な根底にあったのが教育勅語の教えだったのだと思います。戦勝国にとってはさぞ脅威だったのでしょう。それだけに日本人を洗脳・支配するのにとてつもなく邪魔であったことがうかがえます。GHQの日本弱体化計画には廃止にする必要があったのですね。

教育勅語とは戦後GHQによって奪われた日本人にとってはとても大切なものの一つなのです。

現在改めて見てみると本当に素晴らしい教えではないですか。こういう教えを心の奥底に持ち実践していれば、そうそう不幸な人生にはならないのではないでしょうか。少なくとも日本人として生き、日本人として人生を全うすることが出来ると思います。経済的云々はもちろんそれぞれでしょうが、精神的には強く幸せに穏やかな日々を過ごすことが出来るのではないかと思います。

 

ところが、今回私が教育勅語のことをブログに書こうと思ったきっかけでもありますが、

2月26日のサンデーモーニングでコメンテーターの岸井氏が『塚本幼稚園が教育勅語を暗唱させるのはヘイト』と発言し、ネットで炎上していました。

は?何を言っているのこの爺さんは毎回毎回。。ほんと日本人のくせして日本という国が大嫌いなようですね、日本を陥れることで報酬を得ることしか考えていないのか哀れでしょうがありません。全共闘時代から思考停止してしまって進歩できない哀れな老害にしか見えませんね。

そもそもヘイトとは憎む・憎悪、ヘイトスピーチとは憎悪表現のことです。教育勅語のどこに憎悪表現があるのか理解に苦しみます。

もっと言えば公共の電波で教育云々を語るコメンテーターであるならば、ぜひ朝鮮学校の日米は殲滅だの・日本人には何をしても良い等というような反日教育や日教組(日本教職員組合)の存在意義・活動に対してのコメントをしてもらいたいものです。そちらのが視聴率もとれると思いますよ。

まあTBSのサンデーモーニングと言えば左巻き巻きの偏向反日番組として名を馳せ、コメンテーターも左巻きでどっち向いてるの?という方々が雁首を揃えていますから無理でしょうけど。

見ると哀れだな~と思いますが、日本人はこんなしょうもない反日プロパガンダ放送に流されないようにしないといけませんね。言論の自由を行使して捏造報道や世論誘導など、また報道しない権利をも駆使していますからね。困ったもんです。ツイッターなどのSNSで直に発信される情報や信頼のおける方のブログなどが事実を知るのに重要となっています。だからトランプ大統領はメディアに偏向脚色されない情報発信をツイッターで行っているのですね。日本同様にアメリカのメディアの偏向もひどいですからそりゃキレるわ。

あとテレビ局にはおきましては園児や保護者に被害が及ぶような取材と称した犯罪行為・愚かな真似はやめていただきたいものです。あとバレバレのやらせもね。すぐツイッターで暴露される時代ですよw

 

長くなりましたが、

教育勅語を暗唱するのはヘイトでもなんでもありません。

日本にある日本の私立幼稚園が家族を友人を郷土を祖国を愛する教育をすることは当たり前のことです。

教育勅語は子供たちが将来生きていく上で、日本人としての根底を為すものとして教育機関で再認識されるべきでしょう。

どういった人生・職業に進もうとも苦しいとき、迷ったときや壁にぶつかった時に、日本人として生き方を誤らない正しい道へ向かう為の大きな指針となるはずです。

今回サンデーモーニングの岸井氏の教育勅語に関する発言を見てこんなことを思うのでありました。