福岡県直方市にある多賀神社

伊邪那岐大神・伊邪那美命を祀る多賀神社に行ってみました。

場所はJR直方駅から10分ほどの場所にあります。

多賀神社

多賀神社一の鳥居です。

 

多賀神社

扁額に多賀大神と書かれてあります。

 

多賀神社

鳥居をくぐって参道の石段を上って振り返ったところですが、直方の市街が一望できます。

 

多賀神社

狛犬。

 

多賀神社

立派な桜門です、右手には小説家の林芙美子が自伝的代表作「放浪記」の中でいい事がありますようにと祈願をこめた馬の銅像があります。

 

多賀神社

林芙美子は12の頃に約1年ここ直方の地で母と行商をしていた養父と共に暮らしていて、母はバナナを神社の近くで売り、自身もアンパンなど売って生活していたそうです。1903年生まれですから1915年頃の直方の様子が飾り気なくよく書き残されてあります。

 

多賀神社

多賀神社の拝殿です。御祭神  伊邪那岐大神・伊邪那美大神

壽命の神多賀大神は、天照大神の御両親にて、御社は古く日の若宮と稱す。
奈良朝の養老三年に再建し、天平八年妙見大明神を稱へた。
正平十三年懐良親王願主となり、菊池武光資を献じ、葉室惟言改築す。
黒田藩政の時、長清社殿を南の山上より今の地に遷し、元禄五年宮司青山敏文は禁裡に願ひ、
もとの多賀大神に改め、御神馬渡御の御神幸を復興す。
維新後明治三十五年及び正和十四年境内を拡張し、本殿以下を改築す。 引用:多賀神社御由緒

となっています。

 

多賀神社

神紋は向鶺鴒というそうで、可愛い感じもしますが2柱の神様は鶺鴒に習って諸々の神様をお産みになった古事に由来するそうです。

 

多賀神社

神額です。

 

多賀神社

本殿のほうを見たところ。後ろにある紅葉との眺めが良い感じです。

そんな天照大御神はじめ数々の神様を生み出した伊邪那岐大神・伊邪那美大神が主祭神である直方市多賀神社でした!

多賀神社 福岡県直方市直方701←グーグルMAP 

TEL0949-22ー0125

多賀神社HP

 

直方の地や多賀神社にも縁のある小説家・林芙美子作品集Kindle本なら63作品激安で読めますよ↓