遠賀郡芦屋町にある岡湊神社

仲哀天皇ゆかりの岡湊神社に行ってみました

古くより人の往来が多かっただけにその分歴史も奥深い芦屋町にあります。

なんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)の白い花が咲き誇ることでも有名ですね。

岡湊神社

芦屋町船頭町に鎮座し、岡湊(おかのみなと)神社と読みます。現在の遠賀川と西川が合流するあたりにあり、古来は崗之水門と呼ばれていた場所になります。

 

岡湊神社

なんじゃもんじゃ、の説明板です。4月下旬~5月上旬に雪のような白い花を咲かすのですね~

 

岡湊神社

岡湊神社の一の鳥居です。

 

岡湊神社

岡湊神社参道で、手入れされた木々や北白川内親王の鳥居の扁額など見ながら私的にやっぱり目につくのが

 

岡湊神社

こちらの狛犬でしょうか、ほっこりさせられますね。

 

岡湊神社

あとこちら幸桃、撫でて厄災を祓い除くそうですよ!ちょっと撫でておくかな。

 

岡湊神社

岡湊神社の御由緒が書かれてあります。

御祭神は大倉主命・菟夫羅媛命・素戔嗚尊・天照皇大御神・神武天皇が祀られています。

大倉主命・菟夫羅媛命の二柱は岡垣町の高倉にいる神様ですね。仲哀天皇・神功皇后がこの地に訪れたさいに舟を止めたと伝わる神様ですので、後々同じようなことが起こらないようにという願いもあったのでしょうね。

境内御由緒には

岡湊神社は、日本書紀巻第八人皇第十四代仲哀天皇条(西暦199年)に記されている崗の裏(芦屋の古称)の「大倉主命・菟夫羅媛命」の二柱を主祭神としている。古来、大倉社とも称していたが、素戔嗚尊を配祀するようになり、「祇園大倉社」又は「祇園宮寺」単に「祇園社」と称するに至った。

とあります。 その後は戦国時代末期に島津氏と大友氏の争いの戦火によって社殿を焼失したり、昭和初期には付近一帯の大火事でも社殿を焼失するなど数々の災難を乗り越えて現在に至るようです。

 

岡湊神社

岡湊神社拝殿です。

 

岡湊神社

岡湊神社の神額です。

 

岡湊神社

岡湊神社の本殿を横から望みます。松とのからみも良いですね~

 

岡湊神社

別角度から本殿を見てみると木漏れ日が…とても神々しい光景でございました。夕暮れ時だったけどきれいだったな~

 

岡湊神社

良い雰囲気ですね~ そんな遠賀郡芦屋町にある仲哀天皇ゆかりの岡湊神社でした! なんじゃもんじゃが咲く頃は見逃さないようにしたいな。

岡湊神社 福岡県遠賀郡芦屋町船頭町11−21

TEL 093-223-0216

場所↓