遠賀郡遠賀町にある昭和60年に廃線となった室木線

JR遠賀川駅から歩いて5分(早足で)室木線の廃線跡を見てみた

室木線は明治41年(1908年)に遠賀郡遠賀町遠賀川駅~鞍手郡鞍手町室木駅間(11.2km)に開業された路線でした。

室木線

参照:Wikipedia

沿線の中小炭鉱から産出する石炭を輸送するために敷設された運炭鉄道であったが、1960年代以降はその使命を失い、晩年は典型的な通勤通学路線となっていた。終点の室木駅は山陽新幹線の線路に程近い場所にあることから、当線は山陽新幹線の建設時、室木トンネルまで延伸されて資材運搬用の路線として使われたことがある。      引用:Wikipedia

廃線当時は遠賀川駅-古月駅-鞍手駅-八尋駅-室木駅とあったそうです。

昭和60年(1985年)廃線ということなので、わずかにでも記憶があってよさそうなものですがどんなだったか全く思い出せません。無くなってしまうと本当わからなくなるものですね~

ということで廃線跡でもじっくり見ておきたいなと思い立ち見てきました。

JR遠賀川駅から徒歩5分~くらいです。

 

室木線

JR遠賀駅を出ましたら西の方角へ向かいます。

 

室木線

緑の目立つ跨線橋がある場所になります。その跨線橋から見た現在のJR遠賀川駅方面、よく見ると右側に途中まで線路があります。

 

室木線

こちら海老津駅方面で左側が西川にかかる室木線の廃線跡です。室木線の遺構はほぼ残っていないらしく貴重な感じがしますし年季が感じられますね~ 右側は現在の鹿児島本線です。

 

室木線

隣の鹿児島本線を貨物列車が通過していきました。

 

 

室木線

赤煉瓦の橋台部を見てみます。凄いな~と思って見ていて気がついたのですが、川に浸かっているアーチの部分の高さが違いますね。強度的な面でこうなっているのでしょうかね、謎ですね~ あ、ちなみにこの辺から下流に向けて遊歩道になっていますので散歩できます。

 

室木線

川岸のほうを見ているとまた気になるものがw 丸い跡が点々と。。何か管が通っていた跡を埋めたようなそうじゃないよーな。まあ気にしすぎると夜も眠れなくなるのでほっておきましょう。

 

室木線

遠目から見てみました。良い感じですね~

 

室木線

様々な角度から見たくなってきますね、手前に渡ってるパイプも何だか知らないけど年季がはいってます。

 

室木線

さらに別角度から、しばらく見ていられますね。目立つ緑の跨線橋も良い感じです、しっかりと主張しているけど嫌味がないw あとまったくもって関係ないのですが、やたら西川を跳ねる魚がいるなと思ったらボラでございました。

 

室木線

可能な限り残しておいてほしい産業遺産ですね~

 

室木線

正面から、どっから見ても素晴らしい~ 立入禁止なので危ない真似はしないようにしましょうね。

ところでこの廃線跡と鹿児島本線の間がどんなだったかも思い出せずにいたのですが

室木線
室木線

参照:土木学会付属土木図書館

こんな感じだったのですね~なんとなく覚えているようないないような…新川橋梁というトラス橋があったのですね。斜角付きの一形式一橋でなおかつ三菱長崎造船所の製作というのが珍しかったそうです。写真の日付けを見るとこれは30年前くらいのものでしょうか。(こちらは1990年代半ばに撤去されたらしいです)

ちなみにこの土木学会付属土木図書館のWEBサイトには見ていて参考になる貴重な写真や絵ハガキなども掲載されていましたよ。時間があるときにでも見てみたら何か新しい発見があるかも。

 

室木線

参照:国土地理院

ちなみにこちらは昭和36年芦屋線が廃線となった年の遠賀町周辺で、まだ遠賀バイパスが出来る以前の私もまったく知らない時代のものです。

周辺地域の方にしかよくわからないと思いますが、幻の芦屋線の本線・室木線離合地点あたりの180度方向転換っぷりがハンパないですね。凄いな~

あと廃線となった室木線は現在県道55号線として転用されているんですね~知らなかった。。

 

室木線

そんな廃線となった室木線の遺構をぜひ真近で見てみてください。JR遠賀川駅から西へ歩いて5分ですよ!(早足で)