小倉北区鍛冶町にある森鷗外旧居

文豪・森鷗外が小倉時代に過ごした場所

森鷗外(もりおうがい)

1862年2月17日(文久2年1月19日) – 1922年(大正11年)7月9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。位階勲等は従二位・勲一等・功三級・医学博士・文学博士。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。
石見国津和野(現・島根県津和野町)出身。東京大学医学部卒業。引用:Wikipedia

鳥取県出身で東京在住であったが、明治32年6月から明治35年3月まで旧陸軍第十二師団軍医部長として小倉で勤務した。小倉には約3年いたそうですが、この場所は最初1年半をすごした借家で昭和50年代に市が買い取り現在は森鴎外旧居として見学できるようになっています。小倉時代の後半は現在のJR小倉駅そばに住んでいましたが、現在は商店街となっており近くに石碑があります。

作品「鶏」の舞台となった森鷗外旧居が小倉北区鍛冶町にひっそりと佇むように残されています。

 

森鴎外

こちらが鍛冶町にある森鴎外旧居です。市によって改修・復元されていますが、明治30年ごろに建てられたものだそうです。落ち着いた雰囲気をかもしだしております。

 

森鴎外

説明板。

 

森鴎外

良い雰囲気ですね。

 

森鴎外

森鴎外の像があり、奥は事務棟となっているようです。

 

森鴎外

中は自由に見学できるようになっています。小倉城など他の観光地からは離れた場所にありますので、誰もいないだろうなと思ってきたのですが先客に女子大生くらいの二人組がいました。

 

森鴎外

土間には森鷗外の写真や作品等が展示されてあります。右にある階段がものすごく気になったのですがもちろん上がれません。平屋ですし、当時は物置だったのでしょうか。

 

森鴎外

裏庭です。このあたりを鶏が駆け回っていたのでしょう。

 

森鴎外

隣にある8畳間とともによく使用していたといわれる4,5畳の部屋です。このような畳の部屋が全部で6部屋あります。

 

森鷗外

土間から見た感じ、一番奥の部屋がよく使用していた8畳間になります。先客の女子二人組が行ったり来たりしている挙動が気になって8畳間の写真を撮り忘れました。。行ったり来たりはただスマホのタイマーで記念写真を撮っているだけでした。

 

森鷗外

流しとかまど、手前には食料品など保管していたのでしょうか。

ちなみに天井は当時のものだそうです。文学作品をそこまでがつがつ読まない私のような人でも、森鷗外の作品「鶏」くらい読んでから行けばその当時の空気感が味わえて楽しいかもですよ。

森鷗外旧居 北九州市小倉北区鍛冶町一丁目7-2

TEL 093-531-1604

時間 10時~16時30分

休館日 月曜日及び祝日、年末年始(月曜日が祝日の場合は翌日も休館)

入館料 無料

 

森鷗外

こちらはJR小倉駅南側ロータリーそばにある森鷗外京町住居跡碑。ここから南25mの所に住んでいたそうですが、小倉駅がこちらに移動するさいに建物自体は無くなり広場になったそうです。そして現在は

 

森鷗外

はい、現在は小倉中央商店街になっています。

以上、小倉北区鍛冶町にある森鷗外旧居でした。(JR小倉駅南口から徒歩10分ほどです)