新日本三大夜景の皿倉山に昼間行ってみた(しかもケーブルカーで)

神功皇后ゆかりの皿倉山に行ってみました。

北九州市八幡東区にある皿倉山(標高622,2メートル)。

そのむかし神功皇后がこのあたり一帯を見渡すためにこの山に登り、下山するさいに日が暮れていき「更に暮れたり」と言ったことから更暮山と呼ばれそれが更倉山、皿倉山と変わってきたそうです。

今回はそういえば皿倉山にある神功皇后ゆかりの国見岩ってところに行ったことなかったな~と思い行ってみました。

 

皿倉山

皿倉山ケーブルカー山麓駅、現在一般車両はここ付近の駐車場までしか登れないようです。

それならケーブルカーに久しぶり乗ってみるかということで、山麓駅へ。

皿倉山

現在の皿倉山ケーブルカーかなた号。もう1台黄色のはるか号があります。

山麓駅から山上駅まで距離1100メートル、標高差440メートルを約5分で登ります。

展望台まで往復ケーブルカー&スロープカー利用で大人1人1200円です。

 

皿倉山

登る途中すれ違ったはるか号、ワイヤー1本でつながっています。むかし吊り作業してた事もあるので気になって何トンあるか尋ねたら11トンあるそうです。それを感じさせないほどスイスイ登っていきます。ちなみにスイス製だそう。

 

皿倉山

この感じだけで満足しそうですw

 

皿倉山

山上駅から展望台までスロープカーで移動し国見岩方向へ。

 

皿倉山

南京錠コーナー、カップルの皆さんまだまだかけるスペースありますよ~

 

皿倉山

歩いて5分ほどで国見岩に到着、なるほどすごく広い範囲でよく見渡せます。ほうこれが国を見る岩かとへんに納得しながら、しばらく来ることはないだろうと景色を満喫します。ちなみにここはロッククライミングの練習場所としても利用されているそうで、さすがに下をのぞくとヤバい感じ。

 

皿倉山

うっかり落ちたらシャレになりませんので遠目から覗きます。もうひとつの目的であった皇后杉を見に展望台のほうへ戻ります。皇后杉は正確にいうと権現山に位置しますのでこの場所からだと2,30分歩く感じになります。

 

皿倉山

展望台から皇后杉のほうへ向かう途中にある皿倉山ビジターセンターで、中で休憩したり写真など展示が見れます。以前は国民宿舎だったのを改装したそうですが、昭和の香りは隠せませんね。

 

皿倉山

皿倉平のあたりの広場で、この先でいくつか分岐しますので今回は皇后杉のほうへ進みます。

 

皿倉山

こんな感じの整備された道を歩いていきます。

 

皿倉山

帆柱山キャンプ場、ちょっとシュールな感じですが夏は利用されているのかな?

 

皿倉山

注意!野犬が出ます・・・こういうの見ると途端に気になりだしますよねw食べ物は必ず持ち帰りましょう!!

皿倉山

うひょ~出た~と思ったらこれは先ほどのビジターセンターに展示されてあったイタチの剥製でした。

 

皿倉山

そうこうしている間に皇后杉のある場所に到着しました。この辺一帯に100本ほど江戸時代くらいに杉が植えられたそうで、かなり大きな杉ばかりですが樹齢などははっきりしないそうです。ひときわ大きな杉に注連縄がかけてありこちらが皇后杉だそうです。

 

%e7%9a%bf%e5%80%89%e5%b1%b1-236

皇后杉ド迫力です。生命の力強さを感じずにはいられません。。この先に進むとたくさんこのような杉があります。

この後権現山のほうへも行きたかったのですが、時間的にも今回はこちらで退散しました。権現山はまたの機会にでも。

 

皿倉山

帰りのケーブルカーからあえて山頂方向を眺める、なんでしょうかこの勾配の効いた狭い奥行き感がクセになりそうです。。

以上、新日本三大夜景の名所・皿倉山に昼間行って神功皇后伝説に触れてみたでした。

※登山ではなくケーブルカー利用の際は平日と土・日・祝・特別期間で最終運行の時間差がかなりありますので詳しくはこちら皿倉山ケーブルカーHPでご確認ください。

皿倉山 福岡県八幡東区

場所↓