八幡西区鳴水にある貴船神社

八幡西区鳴水にある貴船神社に行ってみました

河頭山・花尾山へ行く途中にあります。

貴船神社

こちら八幡西区鳴水にある貴船神社、主祭神は高淤加美神(たかおかみのかみ)・闇淤加美神(くらおかみのかみ)です。雨・水を司る龍神としての信仰が厚いそうです。この両神は水を自在に操り穀物を豊かに実らせる営みをなす神で国土繁栄の元をなしているとあります。

神社由緒によると祭神に古海祖神・保食神とあり、古海家北筑之名家也、その霊社下りに在り、古海彦左衛門の霊を祭るが初めなり、彦左衛門此の村の田地を多く開墾せり。花尾城主麻生氏の家臣なりとあります。

 

貴船神社

神社入口の鳥居のそばにこのように石が2つ鎮座しています。現在ではこの場所は元宮址と呼ばれているそうです。

 

貴船神社

鳥居をくぐり階段を上がります。

 

貴船神社

途中隣のお寺へと続く道がありますが、けっこう長い階段ですね。

 

貴船神社

社殿、参拝させていただきます。

 

貴船神社

神額。

 

貴船神社

御神木のクスノキとお手水。

 

貴船神社

本殿の様子、きれいにされてあります。

こちらの右手上段に時枝平太夫夫妻の墓があり、どういう人物だろうと調べたら元は大分県宇佐にあった時枝城城主で戦国時代後期反大友派で黒田の先鋒として石垣原の戦いで活躍し、黒田家の宿老となってこの地に来たそうです。

ちなみに貴船神社は現在日本に450社ほどあるそうで(そういえば随所にありますよね)、貴船神社総本宮は京都市左京区鞍馬貴船町180にあるそうです。

こちらの貴船神社周辺も現在では想像することすら難しいですが、古写真を見ると戦前鳥居から下は田畑が広がっていました。

全国の貴船神社がある場所で現在は宅地造成など様々な理由でその面影がないところもありますが、むかし田畑を営んでいた先人達がいて水が命であった場所だったということをうかがい知ることが出来ますね。

貴布禰総本宮  貴船神社HP

八幡西区 貴船神社 北九州市八幡西区鳴水5丁目3-1

場所↓