八幡西区黒崎城址 その場所にはむかし黒田家家老・井上周防之房ゆかりの短命の城があった

北九州市八幡西区屋敷にある 城山緑地公園・道伯山頂に黒田六端城のひとつであった黒崎城址があります。

1600年黒田長政が筑前国に入封し福岡城を築くのと同時に築城された出城で、当時の豊前国との国境あたりに位置します。築城された当時は今のように埋め立てされる前でしたから、三方を海に囲まれた状態で陸海両方を守る要所であったと思われます。

黒田六端城はほとんどが福岡城から見て東の豊前国の国境あたりに築かれていますが、これは豊前国小倉藩初代藩主となった細川忠興と黒田長政が不仲だったためといわれています。あれ?関ケ原ではどちらも東軍で共に戦ったのではと疑問がわきますが、国替えのさいに年貢を持ち去られたことが一因だったとか、ちなみに黒田長政が筑前にはいったときには小早川秀秋が年貢をすべて持ち去っていたそうです。まあ引っ越しの際にはきれいにして後の人に引き継ぐよねとか思うのですが。。

そんないきさつもある黒崎城ですが、1615年の一国一城令によって廃城となってしまいます。このような短命の城が日本全国にいくつあったのだろうと興味もわくところですが、江戸時代という平和な時代を築くための徳川家康立案の政策の一環だったとはいえ切ない感じさえしますね。石垣などは後の黒崎付近の護岸工事で使われたそうで、現在ではわずかしか残っていません。ちなみに見晴らしが大変良いので展望の名所でもあります。

ということで久しぶりに行ってみました。

黒崎城

こちらは黒崎城址がある道伯山の全景。

 

黒崎城

車で行くと三の丸にあたる場所に駐車場があり、こちらは二の丸にわずかに残る石垣です。

 

黒崎城

二の丸跡。

 

黒崎城

本丸跡はこのように遊歩道がありのんびり出来る場所になっています。

 

黒崎城

黒崎城址碑。

 

黒崎城

本丸跡頂上にはこのように展望する場所がありここから見える景色がものすごく良いです。この日はモヤってましたが。。というかここ最近青空が少ないなw

 

 

黒崎城

花尾山方面。

 

黒崎城

JR黒崎駅方面。

 

黒崎城

八幡の工場群の方面。この日は曇りだったこともありますがモヤってるな~w

この展望台から場所をかえて城址内の各場所からは八幡東区方面や若松のほうも眺めることができます。

ちなみに毎年10月頃に黒崎一夜城なるイベントがあり、付近の学校が持ち回りでハリボテのお城を作ってライトアップさせるそうです。私は完全に見逃して来る時期を外してしまってますが→その時の西日本新聞の記事がありました。来年でも覚えていれば見てみたいと思いますw

そんな井上周防之房が城代でたった十数年で廃城になってしまった黒田六端城のひとつ黒崎城の跡地、八幡西区屋敷・道伯山にある黒崎城址に行ってみた!でした。

黒崎城址 福岡県北九州市八幡西区屋敷1丁目9

場所↓