八幡西区JR黒崎駅周辺 

JR黒崎駅周辺の今

JR黒崎駅、明治24年(1891年)九州鉄道の駅として開業。

北九州市第2の都市である黒崎を支えている駅でしょう。

周辺をチンチン電車(路面電車)が走りまわっていた時代は遠い昔ですなw

八幡西区の住民はもちろんでしょうが、遠賀郡民の私も服などの買い物はまず黒崎だった時代がございます。

さらに遡って小学生時代は黒崎そごう(1979年~2000年まで営業)のインパクトが強烈でしたね。

今でもそごうのCMソングであった、エスオージーオーそごうへ行こう!エスオージーオーそごうへ行こう!両手にいっぱいお買い物~揃ってそごうへ行・こ・う♪が脳内にこびりついております。ググったら当時の黒崎そごうCMのYouTubeがありました。今聞いても子供だったら絶対そそられそう。お年玉を握りしめておもちゃを買いに連れて行ってもらったもんです。。大好きだったのが回転するバラになったアメ玉などお菓子の量り売りwあれ今無いな~こずかいの範囲でどうおさめるか戦略的要素があって楽しかったのに。。

もちろんそれ以外にも語りつくせないくらいの思い出がある黒崎駅周辺ですが、今どうなってるの?行ってみました。

黒崎

JR黒崎駅、なにやら改装中ぽいです。

 

黒崎

うん?長崎街道の提灯が。かぼちゃのおばけ系じゃなくて安心しました。

 

黒崎

黒崎宿になってた。江戸時代風の宿ならぜひ泊まりたい。。

 

黒崎

なわけはございません。街の活性化の一環として長崎街道売り出し中です!たぶん。

江戸時代、長崎街道小倉発1番目の宿場町であった黒崎ですからね。長崎のほうから来ると小倉城に入る前の最後の宿で旅で砂ぼこりまみれになった身をきれいにする場所であったかもしれません。なにより当時は黒崎より以西に住んでた人達は買い物するのに小倉は遠すぎる。だったら物も集めやすい黒崎でその役目を務めましょうと商業が発展してきた歴史もありますからね。そんな感じでちょっと掘り下げてみると歴史情緒溢れる街なのでございます黒崎は。

それではお婆ちゃんのバックシャンを眺めていてもあれなので次いってみましょう。

 

黒崎

その前に案内看板、おしゃれですね。これは期待が持てそうですよ。

 

黒崎

こちらはちょっと工事中。ここには青いデザインのやつがいました。

 

黒崎

コムシティ方面、コムシティには主に行政施設が集中しており周辺住民の利便性が増しております。ビルの緑化もぬかりがございませんね。その向こうには江戸時代風ではありませんがビジネスホテルなどあります。

 

黒崎

そこから3号線をはさんだ向い側があたり。

 

黒崎

カムズ名店街など黒崎駅前商店街のあたり。

 

黒崎

そして井筒屋方面。こちらから井筒屋・メイト・レッドキャベツの看板が3号線沿いに目立ちます。3号線にはもちろんチンチン電車は走っていませんので、車もスムーズに流れております。

 

黒崎

そしてふれあい通り。こちらは最初からチンチン電車は走ってなかったと思いますが、車もストレスなくスムーズに流れております。

 

黒崎

コムシテイの裏側あたり、線路がたくさんあります。

 

黒崎

黒崎駅とメイト黒崎の裏側あたり。

 

黒崎

そして連絡通路。

いかがでしたでしょうか、黒崎を知る方達はすぐにでも帰りたくなったんじゃないでしょうか。

商店街をちょっと歩いて懐かしい思い出に浸ってみたのですが、感想は昼間だったこともあり若干東京の巣鴨を思い出させる一面はあるものの、飲食店はおいしそうなお店が増えていました。きっと夜にはまた違った盛り上がりを見せているのでしょう。たまには黒崎に出てみるか!そんなあなたにはこちらのサイトとか参考になるかもしれません→くろさきナビHP

それでは皆さん良き黒崎ライフをSee you!